fc2ブログ
この記事は 2008.5.1 に初出のものを再掲載しています。

 我が国は怪獣大国です。銀幕やブラウン管の中、誌面の上、現実世界である筈のそれらの外にもUMAが溢れています。
 そこで、ここではメジャーな世界では採り上げられることの少ないマイナーな怪獣怪人キャラクターを発掘・掲載し、皆さんにその素晴らしさを知ってもらおうと考えました。
 それでは、栄えある初回に登場するのはコイツだ!!

スパイ怪獣ギラン
スパイ怪獣ギラン

 早速不鮮明なビジュアルですみません。なにぶん当時の刷り物しかないものですから…。これは1967年の春、後楽園遊園地に設置されていたもので、ノーベル書房の『怪獣の書き方教室 君もさし絵作家になれる』という本(怪獣大全集 第4巻 小松崎茂監修 1967年8月1日初版発行)で紹介されています。そこに書かれている以上のことは判らなかったので、以下にその説明文を全文掲載しましょう(明らかな誤字は直しました)。
[多賀もちゆき]
「後楽園に怪獣が現れた!? 
怪獣の名は!? この怪獣が後楽園遊園地に姿をみせたときは、まだ名はなかったが、その後全国の少年、少女から名前を募集したところ、スパイ大怪獣ギランと決定した。
 この怪獣は、全長が20メートル、身長は10メートルで、ジェラルミン、タングステン、ウラン235の化合物をエネルギー源としている。
 スパイ大怪獣の名のとおり、超短波線を発して宇宙開発計画の機密を探知しては、宇宙ロケット基地を破壊する。この目的は、人類が宇宙に進出するのを阻止しようとするところにあるらしいのだ。いつ、どの星から来たのかは不明である。時速240キロの速さで音もなく走るという怪獣。
 ギランの武器はかずかずあって、鼻先の角<ツノ>は超短波レーダーの役目をはたし、頭部の角は暗号指令キャッチのためのアンテナと、電波攪乱作用をする怪獣波を発する。
 また、目は生物を硬直状態にしてしまうベーター性赤外超光線。鳴き声は、これを聞くと鼓膜が破れ、脳細胞に異常をきたすほど強烈。
 それに、しっぽの角からは強力ガンマー性超光線を発して、すべてのものをとかしてしまうのだ。
 三月の末にお目見えしたこのギランは首都東京に一大波乱をまき起こすかと思われたが、子どもの日を中心に子どもたちの人気をさらったあとは、どこへともなく姿を消してしまった。いったい、どこへ消えてしまったのだろうか?」
(以上、158ページより)

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
スポンサーサイト



2019.09.05 Thu l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top
最近入魂のイベント

怪獣記念撮影
怪獣記念撮影
 お久しぶりの更新です。
 お気付きの方もいらっしゃると思いますが、当会の一部の機能は偉くなって(?)NPO(に準ずる団体)となっています。
 今回は、そちらのサイトからこのブログを読んで下さっている方々にも興味を持っていただけそうな内容を転載(こちら向けの記事としてちゃんと原稿は書き下ろしています)しますので、是非そちらもご覧ください。

 そのNPO-『大衆芸術開拓組合』では、告知活動の一環として、NPOやボランティア団体の成果発表をするイベントや商店街の盛り上げイベントに参加しています。
 そこでは敢えてワンパターンの出し物“怪獣記念撮影”というのを演っているのですが、今回はその栄光の歴史の紹介です。


練馬区の商店街『江古田ゆうゆうロード』にて
練馬区の商店街『江古田ゆうゆうロード』にて
 さてその誕生の経緯は…。練馬区のお宝ショップ『ソフビクルーザー コスモナイトα』さんの店先を借りて、商店街のイベントに便乗した告知活動をさせていただけることとなりました。
 一番初めは“出張 おもちゃのお医者さん”という企画だったのですが全く興味を示されません(爆)。
 そこで3回目の5月から苦肉の策で始めたのが“怪獣記念撮影”だったのです。コレクションの手踊り人形を投じて、簡単なセットの中で特撮気分の記念撮影をしてもらう、という企画でした。
 無理矢理みたいな発案でしたが、思った以上の反応があり、チラシも全部ハケたのです。


板橋区の『平和公園』にて
板橋区の『平和公園』にて
 そこで、その直後に出店したイベント『こどもわくわくフェスタ2018』でもやってみると、親子連れが列を成しました。
 実はそのイベントには午後から『ウルトラマンコスモス』(円谷プロ・2001年)で主役を演じていた杉浦太陽さんが出演するプログラムがあったため(実は他の予定で私-多賀-はそれが見られなかった)、その手のモノが好きな人が来ていたのでは?とも思えるのですが、それにしても大盛況でした。


足立区の『ベルモント公園』にて
足立区の『ベルモント公園』にて
 3回目は7月、地元足立区の『梅島キッズまつり』。
 このイベントは「電子玩具は持ち込まない」ルールなので、デジカメやスマホを持ってこない人もいる、とのことなので『チェキ』を準備。印画紙は賛同者が買ってくれました。


 同月には誕生のキッカケとなった『江古田ゆうゆうロード』の“ナイトバザール”がある筈でしたが台風で中止。
 何でわざわざそのことを書くかというと
「台風と戦う」という表現
「台風と戦う」という表現

この写真を載せたからったから。この記事を本来載せている自治体のサイトにこの写真を載せようとしたところ、「綾波のパンツが見えている」という理由で写真を差し換えられたのです!!
 もう本当に役所とその眷族の言い出すことは理解に苦しみます。この写真イヤラシいですか?


足立区の『NPO活動支援センター』にて
足立区の『NPO活動支援センター』にて
 8月、初室内。
 この頃から調子に乗って、意識的に手踊り人形を集めるようになりました。


『江古田ゆうゆうロード』にて
『江古田ゆうゆうロード』にて
 9月、誕生の地に帰ってきました。


『駅前フェスタ』にて
『駅前フェスタ』にて
 同月、よく私に講座を持たせてくれる荒川区の『南千住 駅前ふれあい館』さんに誘われて出展。
 この施設のイベントや講座の企画は“攻めていて”面白いです。


『足立区役所』にて
『足立区役所』にて
 10月、ここまで参加した中では最大級のイベント『あだちNPOフェスティバル2018』に出展。さすが色々な人が接触してくださいました。


荒川区『原公園』にて
荒川区『原公園』にて
 新聞に挟まっていたチラシ『昭和っコ わんぱくまつり』という見出しに惹かれて「見学させてくれませんか」と事務局に言ったら、ナゼか出展することに(笑)。
 イベント自体盛況でしたが、それ以上に我がブースへの来客が始めて以来の大動員。嬉しかったですね。


台東区『浅草ビューホテル』にて
台東区『浅草ビューホテル』にて
 11月は何と3件。
 10日は『昭和っコ わんぱくまつり』第2回『浅草ビューホテル』というメジャー会場進出です。やはり大盛況。さすがにイベントのプロの力が入ってると違うな、と思います。


葛飾区『ウェルピアまつり』にて
葛飾区『ウェルピアまつり』にて
 18日は『かつしかウェルピアまつり』。ボランティアまつり、とかNPOまつりといったイベントとしては都内最大級で毎回5000人以上動員するそうです。やっぱりお客さんが多いのは嬉しいことですね。


三たび『江古田ゆうゆうロード』にて
三たび『江古田ゆうゆうロード』にて
 24日は誕生の地、『江古田ゆうゆうロード』。この日は実際に人が乗れる機関車トーマスが来ていたため、子どもたちも大襲来…だったのですが、そっちに取られてしまって当方への食い付きは今一つ(苦笑)。それでもやっぱりお客さんが多いのは楽しいです。
[多賀もちゆき]

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2018.12.09 Sun l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top
♪アァ~カギ チコラは、漢〈おとこ〉だぜぇ~(?)
 今回は、私(多賀)自身がとってもスッキリした話題です。
 私は今(2016年7月現在)でもゴミ屋さんに勤めていますが(過去ログ参照)、勤務地が換わりまして、一日中空き瓶・缶・ペットボトルの分別に追われる部署の所属になってしまいました。「あんまりお宝が拾えなくなってしまったなぁ」と思っていたある日、こんなものを見つけましたよ!!
 あ、そうそう、その前に、何度も同じことを書かなくていいように、この記事では「私がゴミ屋さんとなって以来、以前従事していた業務やその勤務地を『A』、現在従事している業務やその勤務地を『B』とする」こととしましょう。
透明ポリ袋に刷られています
 で、私がAの作業をしていた時、よく通りかかる道で、上の写真のロゴとシンボルを付けた自動車と複数回擦れ違ったのです。怪獣らしきキャラクターが描かれているのは判ったのですが、何分(後天性の)近眼の上、老眼でもあるので、狭い範囲しかピントが合わず、ハッキリ見ることができませんケータイのカメラは写りが悪い(まだ同じケータイ使ってます。基本的に機械は壊れるまで代えません、私は)から撮っても無意味。かといって、いついつなら出逢うと決まっている訳ではないので、勤務中にカメラを持ち歩くというのもちょっと気が引けます。
 時は過ぎて私も変転、いつものように勤務地Bで手だけを自動的に動かしていると…。
「ああっ!!」ゴミの中にナゼかこの袋が…。
 そうか、『アカギ』さんは“配管支持金具”屋さんだったのか。
 擦れ違っていた場所から、勝手に埼玉県在なのではないかと思っていました。が、電話番号から察するに豊島区在でしょうか。
 そして怪獣の名前も判明。『アカギのチコラ』。…ん~、『チコラ』ってどういう意味なんですかねえ? 実は私の父(故人)は配管屋さんだったんですが、これを連想する言葉は寡聞にして聞いたことがありません。同業者の人とか、あるいは、これを決めた人と親しい人ならその由来をご存知なんでしょうか? ただ、広告というのは知らない人も見る訳で、この名前だと『遅刻』とか『恥垢』とか『チクロ』とか、マイナスなイメージの言葉を連想してしまいますよね(私見ですが)。だったら『コチラ』の方がいいと思いません(飽くまで私見です)? いや、余計なお世話でしょうか、ね。
[多賀もちゆき]

 「老眼が始まると、近眼の人は一時的にバランスがとれてピントの合う範囲が広がる」って話、聞いたことないですか? 実際にはそういうことは殆どないそうですが、「ごく希にはある」とも聞きました。まあ、希なことにはなかなか当たらないものですな。

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2017.05.01 Mon l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top
パチンコ屋さんのヒーロー
 ある日、町中でいただいた宣伝のティッシュを改めてよく見たら…。
単体ヒーローなんでしょうか?
 ほう、パチンコチェーン(『GAIA』)のキャラクターですか。
 気付いた瞬間から「♪おぅおぅおぅゴーッドマーズ強い力で、ゴーッドマーズおいらを救え~」(『六神合体ゴッドマーズ』1981年 トムス・エンタテインメント-の主題歌改)とか「♪おいらの、生活、ピンチの連続」(『ウルトラマンガイア』1998年 円谷プロ-の主題歌改)などと歌いながら、高揚した気分で帰宅しました。あ、でもアニメや特撮のお陰で泥棒にもならず、自殺もせずに生きている訳ですから、間違いなく私(多賀)はヒーローに救われています。…閑話休題。
 でも『ガイア戦士 ガイアマン』はいただけません。「満天の星空」「馬から落馬」の類に聞こえてしまいますよ。

 さて、次はくどくど説明しません。一発ネタですから、気を抜かずに見てください。
 はいっ!
走れエイトマン!!
 このお店、記事掲載以前に閉店になってしまいました。合掌(『8マン』 平井和正/桑田次郎:著)。
[多賀もちゆき]
2015.07.12 Sun l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top
パチの真打ち登場!!
●イメージVA
 綾波レイ:林原めぐみ
 惣流・アスカ・ラングレー:稲垣早希
 謎の超人:二又一成
 ウルトラマン:中曽根雅弘
 ナレーター:石坂浩二

ある日の通学路
アスカ「あ、綾波の好きなんがおるやん」
『ウルトラマンエリート』だ
超人「シェヤーッ!!」
“本家”の格好良さは一味違う
レイ「師匠、騙されてはいけません。本物はこっちです」
アスカ「え、えっ?!」
ウルトラマン「シェヤッ!!」
版権は『CHAIYO PRODUCTION』となっています
ナレーター「円谷教徒でありながら、お宝ショップの店頭で投げ売りされているこれを見た瞬間、躊躇なく手にとってしまうのが多賀もちゆきの悲しい性〈さが〉なのであった」
ここを見てね】
[多賀もちゆき]

2015.07.05 Sun l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top