fc2ブログ
この記事は 2008.5.1 に初出のものを再掲載しています。

 我が国は怪獣大国です。銀幕やブラウン管の中、誌面の上、現実世界である筈のそれらの外にもUMAが溢れています。
 そこで、ここではメジャーな世界では採り上げられることの少ないマイナーな怪獣怪人キャラクターを発掘・掲載し、皆さんにその素晴らしさを知ってもらおうと考えました。
 それでは、栄えある初回に登場するのはコイツだ!!

スパイ怪獣ギラン
スパイ怪獣ギラン

 早速不鮮明なビジュアルですみません。なにぶん当時の刷り物しかないものですから…。これは1967年の春、後楽園遊園地に設置されていたもので、ノーベル書房の『怪獣の書き方教室 君もさし絵作家になれる』という本(怪獣大全集 第4巻 小松崎茂監修 1967年8月1日初版発行)で紹介されています。そこに書かれている以上のことは判らなかったので、以下にその説明文を全文掲載しましょう(明らかな誤字は直しました)。
[多賀もちゆき]
「後楽園に怪獣が現れた!? 
怪獣の名は!? この怪獣が後楽園遊園地に姿をみせたときは、まだ名はなかったが、その後全国の少年、少女から名前を募集したところ、スパイ大怪獣ギランと決定した。
 この怪獣は、全長が20メートル、身長は10メートルで、ジェラルミン、タングステン、ウラン235の化合物をエネルギー源としている。
 スパイ大怪獣の名のとおり、超短波線を発して宇宙開発計画の機密を探知しては、宇宙ロケット基地を破壊する。この目的は、人類が宇宙に進出するのを阻止しようとするところにあるらしいのだ。いつ、どの星から来たのかは不明である。時速240キロの速さで音もなく走るという怪獣。
 ギランの武器はかずかずあって、鼻先の角<ツノ>は超短波レーダーの役目をはたし、頭部の角は暗号指令キャッチのためのアンテナと、電波攪乱作用をする怪獣波を発する。
 また、目は生物を硬直状態にしてしまうベーター性赤外超光線。鳴き声は、これを聞くと鼓膜が破れ、脳細胞に異常をきたすほど強烈。
 それに、しっぽの角からは強力ガンマー性超光線を発して、すべてのものをとかしてしまうのだ。
 三月の末にお目見えしたこのギランは首都東京に一大波乱をまき起こすかと思われたが、子どもの日を中心に子どもたちの人気をさらったあとは、どこへともなく姿を消してしまった。いったい、どこへ消えてしまったのだろうか?」
(以上、158ページより)

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2019.09.05 Thu l 特撮・怪獣 l トラックバック (0) l top

トラックバック

トラックバック URL
http://sougeisha.blog32.fc2.com/tb.php/688-0f927f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)