fc2ブログ
おかげさまで大変盛り上がりました

 本年5月11日~17日までの間、『ソフビクルーザー コスモナイトα』さんで開催させていただきました『懐かしプラモ/珍品プラモ 完成状態大展覧会(仮称・最後まで“正式名称”はありませんでした・笑)』が無事終了いたしました。詳しくは『努ブログ』に増山さんが書いてくれていますのでそちらを御覧下さい。
 6月1日までには『大衆芸術開拓組合』のサイトで公式報告いたします。
 簡単で失礼ですが、取り急ぎ報告とさせていただきます。
 『コスモナイトα』のオーナーさんにいただいたタイのお土産です
[多賀もちゆき]

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2018.05.18 Fri l 造型・工作 l トラックバック (0) l top
2017年の収穫を一挙公開 下
 はい、前回の続きです。
 まずは“整髪するお姐さん”。
散髪屋さん店頭 パーマ屋さん店頭
 左が理容店で、右が美容院。床屋さんの方はこういう業界共通の貼り出しがあるんでしょうか? 今は絵心とパソコンがあればこういう風にはできてしまうのでなんとも言えませんが、他店店頭では見たことがありません。
 パーマ屋さんの方は手描き感と達者感のバランスが絶妙で萌えキャラ探しの本懐と言えますな。

 次は“学園祭クイーン”
地元(多賀の)にある高校の文化祭 同じく地元大学の文化祭
 うはははは。もう、日本の将来はどうなってしまうのでしょうか? ああ、でも安倍晋三風情にめちゃくちゃにされてしまうぐらいだったら、萌えキャラ共和国になった上で滅んだ方がいくらか幸せですかね。

 続いてはこの2点。
あちこちに貼ってありました キャンペーンガールでしょうか
 左の方は『大極マーク』や『韓道場』というネーミングから“あちら”から来た拳法かと思いましたが「空手」と書かれています。総合拳術でしょうか。まあ、空手も硬派一辺倒ではやっていられないのでしょう。
 隣は屋外に掲げられた不動産屋の案内。これも複数あって、もちろん内容は最寄り物件によって変えてあります。その内容に拘わらず、このキャラクターが常に流用されているパターンが確立されていて、使い方として正解と言えるでしょう(つまり、字だけより「この周旋屋さん」という認識がさせ易い)。

 こちらはクリーニング屋さんの店頭。
こちらのポスターは一点もの
 ハロウィン・セールって、エロイムエッサイムでもエコエコアザラクでもいいんですが、洗濯屋さんでしょ(笑)。この記事は2017年の11月に書いているんですが、クリスマス・セールになったらどうなる事やら、です。

 最後は今回もわが協会のレギュラー“ゴミ屋のお姐さん”で締めましょう。
おっ、これは水準高いですね “業界の傾向”ってありますね
 左のチラシ、今まで紹介させていただいた同系統のモノと比較すると、飛躍的に垢抜けています。キャラの絵のみならず、文字の配置やバックのゴチャゴチャを表現している素材など、この分野のための広告としてはベストです。
 ゆえに面白さは激減。私としては喜ぶべきか悲しむべきか、判断に迷うところ。
 それからすると、右のキャラは凄い。何でこんなに目をむいているんでしょうか? しかもポーズが『死刑』(『がきデカ』 著・山上たつひこ)…って、この連想は世代しょうか?
 この二つの広告を比べると、周囲を取り囲むように書かれているフォローしている地域の自治体名、この配置がほぼ同じ(レイアウトが微妙に同じでない。微妙に)
 加えて、両方とも裏面にサービス券がついているのですが、『10,000円以上で10%オフ』『20,000円以上で12%オフ』『30,000円以上で15%オフ』と割引率が全く同じ。…談合してる?
 ちなみに、私が昔お世話になっていたバイト先は、都や区の仕事もやっていたのですが、「談合してますよ。だってしなきゃ決まらないんだもの」とこともなげに言ってました。そうなんでしょうね。
[多賀もちゆき]


■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2018.04.23 Mon l 萌え l トラックバック (0) l top
2017年の収穫を一挙公開 上
 はい、久し振りの(新作原稿)更新は一年分の萌えキャラ報告です。
 マズは神前の心得から。
『いらない自転車引き取ります!』が邪魔(笑)
 うふふふ。この制服っぽい衣裳が何だかとってもイイですね。
 私(多賀)はシントイストですから死後神様になる予定ですが、国家神道は拒否します。

 次は“肉体派のお姐さん”。
巨大なシールです 逞しそうで羨ましいです
 左は自転車屋さんの店頭にて。これはグッズとしてかなり力が入っている感じがします。
 右は作業着屋さんの店頭。萌えキャラというよりは、ガテン系の人が好みそうな感じに描かれているのが適材適所。

 続いては“ゴミ出しするお姐さん”。
極めて当たり前のことが書かれています 爆発する住民感情がよく伝わって来ます
 左は通りがかったマンションの扉に貼られていました。こういう場合はコワそうなオジさんのキャラがいいんじゃないかと思いますが、どうして女の子を描くんですかね(笑)。
 隣はまた別な地域のゴミ集積所に貼られていたもの。よほどゴミの出し方が悪い人がいたんでしょう。魚で撃たれちゃってますよ。

 最後は当協会のレギュラー。例の駅の学生作ポスターです。
お待ちかねの新作です
 この執念にも似た絵柄の統一感は、選んだ人のセンスなんでしょうか?

 もうちょっとあるんですが、長くなるので今回はここまで。続きはなるべく早く更新します。
[多賀もちゆき]

 直接関係ある話題ではないんですが、高校野球開催時に募集している学生の描くポスターのタッチって“いっつも同じ”じゃないですか?
 昔は写実風ありマンガ風あり…だったと記憶しているんですが、ある時、“印象派”風の絵が登場し「ああ、高校生でもこんな絵を描く人がいるんだな」と思っていたら、以後みんなそれになってしまった…ように思います。思い過ごしかもしれませんが、事実だとすれば空恐ろしいものを感じます。
 あ、ちゃんと遡って確認したわけじゃないので、思い込みだったらゴメンなさい。

■このブログは現在定期的な更新は行われていません。新しい話題は気長にお待ちください。
2018.03.24 Sat l 萌え l トラックバック (0) l top